とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

親子関係

思うことあれこれ

「母帰る〜AIの遺言」を見て

NHK土曜劇場「母帰る〜AIの遺言」を見ました。 このドラマは、死んだ人の記憶をデータとして記録して、 それをスマホから声で伝えるというサービスがもし存在したら、 家族はどう受け入れていくのかという話です。 このシステムは結局、 イタコのやっていたことなんじゃないかという気がしました。   続きを読む...
BORNFREE~虐待防止と心の再生

私は虐待サバイバー

今更カミングアウトをするつもりはなかったのですが、 先程「日本一醜い親への手紙」の今一生さんのツイキャスで話題に出た、 毒親を笑えるエンタメにしていくという提案を形にしていくには 自分の体験もまな板に乗せる必要があるのではないかと思い、告白します。 私は虐待サバイバーです。 何度も   続きを読む...
BORNFREE~虐待防止と心の再生

「子ども虐待防止策 講演会 in 広島」の事後報告ブログのご紹介

23日に開催された「子ども虐待防止策 講演会 in 広島」を主催された エースプロジェクト社会部さんが、事後報告の記事をブログに書かれています。 問題解決は、まずは正しい情報共有から。 その足がかりとして、とても有意義な大きな一歩だったと思います。 スタッフの皆様、本当にお疲れ様   続きを読む...
思うことあれこれ

ネット依存になる子ならない子

最近は、ネット依存の子供が増えているという報道をよく目にします。 ネット依存とは、このような症状がある人のことを言うそうです。 インターネットをする時間を増やすために、家庭での仕事や役割をおろそかにする インターネットをしている時間が長くて、学校の成績や学業に支障をきたす 人に   続きを読む...
朗読あいうえお

死なないごんぎつね

今日はYouTube用に大好きな「ごんぎつね」の朗読をしました。 近々動画にしてアップするのですが、 ふと、他の朗読者の方達はどんな読み方をされているのか気になって、 いろんな方の朗読をちらちらと摘み聞きしていたら、「おや?」と思う事がありました。 ごんぎつねのラストは、 「兵十は火縄銃を   続きを読む...
日常劇場

最後の家族旅行に行ってきました

7月14日、予定をあわせて家族全員での最後の旅行に行ってきました。 というのも、今年、長男と次男が相次いで入籍という運びになったので、 今の家族6人で集まるというのは今後はないだろうということで。 本当は13日の深夜から出発して、朝から遊びまわる予定でしたが、 末っ子の大学の日程が一週間前の   続きを読む...
思うことあれこれ

恐山に行きたかった母

私の母は、いつかお金を貯めて青森恐山に行って、 イタコに亡くなった自分の母親を降ろしてもらうのが夢でした。 生きているうちに聞きたかったことが聞けなかったので。 でも結局叶わず死んでしまいました。 今生きていれば恐山に連れて行くこともできるし、 青森に友人もいるのでイタコに頼むのも   続きを読む...
思うことあれこれ

神様と親心

破滅の危機を煽られて、助かりたいからと神仏を信仰するのは、 子供が悪いことをしたときだけ目を向けて叱ったり コミュニケーションを密にする必要を感じて悩む親に似ているような気がします。 何でもない普段から見て喜んで微笑んで感謝してないのに、 困った時だけ自分のために救いを求めるのですから。   続きを読む...
日常劇場

加茂泉の蔵開きに行ってきました

今日は東広島の西条にある酒造メーカー加茂泉の蔵開きに、 現在西条に住んでいる長女と行って来ました。 朝、9時40分から入り口横の酒蔵上部につけてある杉玉の架け替え。 はじめてみましたが、電線があるため、 中電工さんがクレーンで架け替えをしてくれるんですね。 そして10時開門。        続きを読む...
思うことあれこれ

巣に残されたは親鳥ふたり

子どもはいつか自立するものとわかっていても、いざその日が来ると寂しいものです。
思うことあれこれ

家族と怪談

私も家族も霊感はないので、これまで家庭内で怪異が起きたことはありません。 そしてこれからもまずないと思っていますが、もし身内に心霊現象が起きたとしても、 私は夜魔猫GINとしてそれを表に出すことはないでしょう。 変なものを見たぐらいの事なら構わないですし、 厄介ごとでも物によっては、全部   続きを読む...
思うことあれこれ

エンパスだった私

エンパスという言葉、そういう人たちの存在を知ったのはごく最近のことです。 考えて見ると、どうも子供の頃の私はエンパスだったような気がします。 誰かがふざけてて事故して痛い事になったら、可哀想で可哀想でたまらなかったりしました。 本人は「やっちゃったー」と笑って何でもないようなのに、私が   続きを読む...
思うことあれこれ

何でもない一日のしあわせ

ワインがあともうグラスに半分強残っています。 飲んじゃわないといけないのだけれど眠い。 今日は下の娘の高校の卒業式でした。 その後で娘と新生活に必要な服や靴や下着などを買いに行き、 帰ったらお菓子をつまみながら夕飯の準備。 すると夫が早めに帰ってきたので、まだご飯できてなくて悪いな   続きを読む...
思うことあれこれ

縁切りの理由

長女と電話で長話。 何かの流れで彼女も知っている私の友人だった人と縁を切った事を伝えました。 理由もそのまま。 ネットワークビジネスをやり始め、反対した私に変な絡み方をしたり 第三者を使い攻撃させて来たり、私の他の友人たちに嫌がらせをしたためと。 その内容も。 娘は驚いていましたが一言。   続きを読む...
日常劇場

スーツを買いに

今日は大学に行く娘のスーツを買いに洋服屋に。 普通のスーツを買うつもりだったのですが、 上の子に「リクルートスーツを買っておけ」というアドバイスを貰ったと言うので調べたら、 大学ではまずスーツを着る機会がないので、 リクルートスーツにしておいた方が二度手間にならずに済むということらしいです。   続きを読む...
思うことあれこれ

子育てに正解はありません

本に載っていたり、テレビでやってたり、権威ある人が推奨する「よい子育て法」は、 そんなに信じられるものなのでしょうか。 いろんな家庭があって、いろんな親がいて、いろんな子どもがいますよね。 「こうすれば必ず良い子が育つ」「頭が良くなる」「素直に伸びる」「健全な心が育まれる」 なんてこ   続きを読む...
思うことあれこれ

親に呪われた人は

「アンタは何をやってもダメ」 「どうせうまく行きっこない」 「良いところなんか何もない」 「役立たず」 「何で○○ちゃんのように出来ないの」 「生まなければよかった」 本来は無条件で愛してくれるはずの親から、そんな呪いの言葉を受けて育った人は、 自分自身を信じて愛することがとても難しく   続きを読む...