とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

生死観

思うことあれこれ

「母帰る〜AIの遺言」を見て

NHK土曜劇場「母帰る〜AIの遺言」を見ました。 このドラマは、死んだ人の記憶をデータとして記録して、 それをスマホから声で伝えるというサービスがもし存在したら、 家族はどう受け入れていくのかという話です。 このシステムは結局、 イタコのやっていたことなんじゃないかという気がしました。   続きを読む...
思うことあれこれ

死んだら負け論に思う

「死んだら負け」論をめぐって、ネットでは様々な意見が飛び交っています。 昔、私はブログで同じ趣旨の記事を書いたことがありますが、 その時はものすごい勢いで反論コメントがきました。 書き方がストレートすぎて悪かったのもありますし、 何より自分でも書きながら、自殺抑止の効果と、 も   続きを読む...
思うことあれこれ

雲珠

「おせんころがし後日譚」のエンディングに使わせていただいた曲は、 風可&葉羽さんの「雲珠」という曲でした。 重い罪を背負った男女が死んでも死に切れず永い時を 悲しみを抱えたまま漂うしかないという、切ない歌です。 未来永劫続く絶望の輪廻・・・・ではあるのですが、 私はその歌詞の中に一   続きを読む...
朗読あいうえお

死なないごんぎつね

今日はYouTube用に大好きな「ごんぎつね」の朗読をしました。 近々動画にしてアップするのですが、 ふと、他の朗読者の方達はどんな読み方をされているのか気になって、 いろんな方の朗読をちらちらと摘み聞きしていたら、「おや?」と思う事がありました。 ごんぎつねのラストは、 「兵十は火縄銃を   続きを読む...
思うことあれこれ

チビチリガマ荒らしとオカルト

今日6月23日は、激しい沖縄戦のあった沖縄慰霊の日であるということで、 先ほどNHKで『チビチリガマ荒らし事件』について放送していました。 事件を起こした若者達が書いた謝罪の手紙には 「心霊スポットで肝試しのつもりでやった」「ここで何があったかを知らなかった」 「人間としてしてはいけない   続きを読む...
思うことあれこれ

血や死や女性の穢れという概念は日本には元々なかったもの

沖ノ島の女人禁制だった(今は男女とも上陸禁止)理由を 有名な大学教授がどうどうと 「神道は血の穢れを嫌うため月経のある女性を  穢れたものとしてみなす」と発言していたのを見ました。 宗像大社は「危険な場所なので安全のため」と 説明してるのにも関わらず。 今、ようやく血や死や女性の   続きを読む...
思うことあれこれ

死んだ人に逢いたい思い

親しい人を亡くして泣いている人にかける言葉は、 霊があるとかないとか、 あの世があるとかないとかっていう 私の見解はこの際どうでもよくて、 「いつかまた会えるよ」しかありませんよね? 「待っててくれるから、楽しい土産話沢山持っていこう?」 「ずっと見守っててくれるよ」 と。 三途の川   続きを読む...
思うことあれこれ

生死観は人の数だけ

普段、霊の存在を信じていないと言う人でも、 当たり前のように「生まれ変わったら○○になりたい」とか「前世は○○だったかも」とか話したりします。 確かに仏教には輪廻転生という言葉がありますが、お釈迦様は無我説によって 我々が一般的に考えるような「私」という意識(魂)の転生を否定してらっしゃるので   続きを読む...