とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

朗読あいうえお

思うことあれこれ

「オカルト酒場 夜魔猫亭」最終回の放送が終わりました。

本日、FRESH LIVEにて4年続いてきた「オカルト酒場 夜魔猫亭」の 最終回を終えました。 最後のテーマは「魑魅魍魎の世界(後編)」。 毎回テーマに沿った怖い話をネットから集めて朗読しては、 リスナーさんのコメントを読んでお喋りというこのスタイル、 私は大好きでした。 とても楽し   続きを読む...
思うことあれこれ

私の道

正しい朗読、正しい怪談を 私は目指そうとは思っていません。 「こうあるべき」論を持っていないのです。
朗読あいうえお

新しいマイクテスト

新しいマイクがきたので音声テストの動画です。 これまで使っていたのが、多分放送やってる人なら最初にセットするであろう SONYのエレクトリックコンデンサーマイク& Sound Blaster USBオーディオインターフェース&マイクアンプ。 これらはアマゾンでの評価も高く、ボイスチェンジャー   続きを読む...
朗読あいうえお

100万回生きたねこ

ドラマの読み聞かせで話題の『100万回生きたねこ』。 死なないねこが、いろいろな飼い主のもとで何度も生まれ変わり、 やがて愛を知り、命を知ります。ハッピーエンドではないのに、 読み終わるとほっとする、不思議な絵本。 刊行40年、220万部突破のロングセラー。 400件近い圧   続きを読む...
朗読あいうえお

死なないごんぎつね

今日はYouTube用に大好きな「ごんぎつね」の朗読をしました。 近々動画にしてアップするのですが、 ふと、他の朗読者の方達はどんな読み方をされているのか気になって、 いろんな方の朗読をちらちらと摘み聞きしていたら、「おや?」と思う事がありました。 ごんぎつねのラストは、 「兵十は火縄銃を   続きを読む...
思うことあれこれ

子どもたちに因果話を

怪談は、因果話が好きです。 理不尽系は、怖さよりも怒りが湧いてきてしまいます。 昔の人は、怪談で子供に「してはいけない事」を教えていました。 私もそういった話を伝えて行きたいです。
思うことあれこれ

何を伝えたいのか

朗読でも怪談でもなのですが、 「それを通じて本当に伝えたい事は何か」を一貫して持っておく事は大切だと思います。 ただただ楽しければいいじゃないかってものではありません。 質とか成長とかは手段の方に含まれるもので最終的な目的とは違います。 その辺りが、次第に自分の中で明確になりつつある・・・ような?
朗読あいうえお

正しい朗読は目指さない

私が朗読を始めた頃、盲人用の声の書籍化ボランティアをしたことのある友人から、 朗読には感情表現や作り声は不必要で、 淡々と読まないと「読書」の妨げになると意見をいただきました。 そう言われればそうですね。納得はできます。 それで私はそのボランティアは向いてない事を知りました。 子ども向けの読   続きを読む...
朗読あいうえお

NHKバリバラ出演の回、放送されました。

先月、大阪でロケをした障害者バリアフリー・バラエティ 昨日、無事に放送されました。 「お化け屋敷特集」?と思ってたら、そうではなくて「エンタメ」特集。 今回は、お化け屋敷を視覚障害の方が、サーフィンを脳性マヒの方が、 それぞれどうやったら充分に楽しむことができるかを模索するという企画でした。    続きを読む...
思うことあれこれ

「おはなし」と幸せ

昨日、GODforestの放送でテーマの金太郎の話を朗読しているときに、ふと思った事。 私はどうも、童話を読むとセロトニンが出まくるような気がします。 多幸感を感じるというか、物凄く楽しくなるのです。 私が現在の怪談朗読の放送をするに至った動機というのは、 人前で喋る必要に迫られてその練習の   続きを読む...
思うことあれこれ

人に語るということ

朗読から入った人の怪談語りでの欠点。 なんとなく漠然と「どうも違うような」と感じていたことを 俳優さんに指摘いただいて、 やっぱり!って確信しました。 といっても私は朗読の初心者用に教室にチラッと行ってみたぐらいで、 所謂「先生」と言う人に付いて習ったわけではないので、 そう朗読朗読している   続きを読む...