とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

おとぎの散歩道

朗読あいうえお

100万回生きたねこ

ドラマの読み聞かせで話題の『100万回生きたねこ』。 死なないねこが、いろいろな飼い主のもとで何度も生まれ変わり、 やがて愛を知り、命を知ります。ハッピーエンドではないのに、 読み終わるとほっとする、不思議な絵本。 刊行40年、220万部突破のロングセラー。 400件近い圧   続きを読む...
朗読あいうえお

死なないごんぎつね

今日はYouTube用に大好きな「ごんぎつね」の朗読をしました。 近々動画にしてアップするのですが、 ふと、他の朗読者の方達はどんな読み方をされているのか気になって、 いろんな方の朗読をちらちらと摘み聞きしていたら、「おや?」と思う事がありました。 ごんぎつねのラストは、 「兵十は火縄銃を   続きを読む...
思うことあれこれ

子どもたちに因果話を

怪談は、因果話が好きです。 理不尽系は、怖さよりも怒りが湧いてきてしまいます。 昔の人は、怪談で子供に「してはいけない事」を教えていました。 私もそういった話を伝えて行きたいです。
日常劇場

カッパはUMA?

「日本のカッパは妖怪ですが、台湾のカッパもどきはUMAだよね〜」 みたいな事を言いながらテレビを見ていたら、 夫が「本当に実在するなら今頃ネイチャー大騒ぎだよ」とか言うので笑いました。 そうだよね。 そこから妖怪とUMAとオバケと幽霊の違いと共通項を娘と話し合いとなりました。
思うことあれこれ

「おはなし」と幸せ

昨日、GODforestの放送でテーマの金太郎の話を朗読しているときに、ふと思った事。 私はどうも、童話を読むとセロトニンが出まくるような気がします。 多幸感を感じるというか、物凄く楽しくなるのです。 私が現在の怪談朗読の放送をするに至った動機というのは、 人前で喋る必要に迫られてその練習の   続きを読む...