とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

子供の虐待は毎日起きています

思うことあれこれ

子どもの虐待死のニュースが流れる度に、SNS上に怒りのコメントが
ダーッと流れるのを、私はいつも冷めた気持ちで見ています。

今に起こったことではないのです。

この子だけが殺されたわけじゃない。

怒りの言葉を吐く人たちは、それでは自分に何ができるかに繋げてるのでしょうか?

誰かが考えたらいいことと思ってやしませんか?

喉もと過ぎたらすぐに忘れて、よりセンセーショナルなニュースに飛びつき、
また怒りのコメントを書き散らす。

それ、世直しですか?

自分のストレス発散のために、他人の不幸を利用しているだけではありませんか?

コメント