とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

死んだら負け論に思う

思うことあれこれ


「死んだら負け」論をめぐって、ネットでは様々な意見が飛び交っています。

昔、私はブログで同じ趣旨の記事を書いたことがありますが、
その時はものすごい勢いで反論コメントがきました。

書き方がストレートすぎて悪かったのもありますし、
何より自分でも書きながら、自殺抑止の効果と、
もし遺族の方の目に触れたら傷ついてしまう可能性を天秤にかけるような
こんなやり方しかないのだろうか?との迷いがあったのでそれは構いません。

記事に対しての批判はある程度予想していました。
しかし、反対意見という形ではなく人格攻撃となって押し寄せてくるのは、正直驚きでした。

「こんな事を言うお前は不幸に違いない」
「弱者に八つ当たりするしかないバカ」
「こんな親に育てられる子が可哀想だ」など数々の誹謗中傷。

それを見て思ったのです。
自分と違う考え方をする人間は徹底的に叩いても構わないというこんな人達が
自殺者を作ってるんじゃないかな?
と。

なんにせよ、意見を述べる際に言葉は慎重に選ばなければなりませんね。

コメント