とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

100万回生きたねこ

朗読あいうえお

ドラマの読み聞かせで話題の『100万回生きたねこ』。
死なないねこが、いろいろな飼い主のもとで何度も生まれ変わり、
やがて愛を知り、命を知ります。ハッピーエンドではないのに、
読み終わるとほっとする、不思議な絵本。
刊行40年、220万部突破のロングセラー。
400件近い圧巻のレビューと詳細はこちら
→ https://kcx.jp/100mcat
『100万回生きたねこ』(講談社)

この本は持っています。
そうですね。私の宝物のひとつかもしれません。
もともとは高校の時、友人がすすめてくれて読んだのがきっかけでした。
子供にもちょっとだけすすめはしました。
でも、この本は読んではやらなかったと思います。

これは読んでもらう本ではなく、自分で読んで感じる本だと思うから。
ストーリーや世界観を共有するよりも、
じっくり心を育てていく友人のような本ですね。

コメント