とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

恐山に行きたかった母

思うことあれこれ

私の母は、いつかお金を貯めて青森恐山に行って、
イタコに亡くなった自分の母親を降ろしてもらうのが夢でした。
生きているうちに聞きたかったことが聞けなかったので。

でも結局叶わず死んでしまいました。

今生きていれば恐山に連れて行くこともできるし、
青森に友人もいるのでイタコに頼むのも難しい事ではないのに。
と、たまに思い出してしまいます。
でも、もうあっちで会えているのかな。

私はというと、別に母を降ろしたいとか思わないんですよね。
聞きたいことも言いたいことも特にないので。

口寄せで、美味しいもの食べさせたり、旅行に連れて行ったり、
バカ話で笑いあったりといった親孝行はできないし。

だから、母が産んで育てた私がいつも幸せでいることが一番の供養かなと。

コメント