とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

オーブの正体見たり・・・

思うことあれこれ

夢を壊すことになりますが、オーブの正体ってこんなものだと思います。

カメラの構造や光の入り方などを検証して
こういった解説をしている人は少なくはないのですが
スピリチュアルを第一主義としている人たちの多くが、
「自分の(信じている人)は違う。本物!」と言いますね。

人は見たいものだけ見て、信じたいものだけ信じるものですから。

私は逆に、見えてるのに写真に撮れないものの方が
本物じゃないかなって気がするのですが。どうでしょう?

コメント