とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

人はお金で買えません

思うことあれこれ

世の中が汚いと感じるのは、お金とステイタスで、サービス業の女性を
売春婦扱いしてもかまわないと思っている人を見たりしたときです。

普段の生活の中ではそんなそぶり見せなくても、SNSでは本音が出てきますね。

水商売の人は、心地よい場所とお酒で「おもてなし」するお仕事であって、
高価なバッグや宝石やお金を出せば性的処理をしてくれるようなことは、
オプションとしてもしていないのです。

そりゃ、そういうことをする人も中にはいるでしょう。
そんな女性は、いくらキラキラとブランド品で身を固めて美人でも
卑しい下賎の人間なので、それを買う男というのも同レベルということになります。
何人の女と関係したとか、あいつもこいつも穴兄弟なんてことを吹聴する人を
カッコいい男と思う人も、そのレベル。
私は、そういう見方をしています。

また、女子中学生や女子高校生が下着を売ったりデートしてお金をもらったりするのを
「嘆かわしいことだ」と目を吊り上げて怒る人が、
芸能人の餌食になった未成年者を海千山千のホステス崩れと同列扱いしていたりします。

ということは・・・・
いかがわしい目的で子供の下着を買ったりお金で釣ってデートしたりするオジサンたちを
嘆かわしいと思ってたわけじゃなくて、未熟で判断力のない子供に怒ってたわけでしょうか?
いい年した大人の男性は常に被害者?

男は女の子供よりも分別なくても許されるって、どんな理屈なのでしょう?
こんな幼稚でご都合主義な人ばかりではないとは思いますが。

 

コメント