とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

食べ物を粗末にすると目が潰れる

思うことあれこれ

このごろでは、お寿司を食べに行ってシャリだけ残す人が増えているのだそうです。
ネットでも「もったいない!」派と「何が悪い!」派で別れて大激論。

「刺身を食べろ」には、「刺身と寿司ネタは違う。寿司ねたを食べたい」。
「粗末にするな」には、「欲望のままに平らげて太ったら責任とってくれるのか」。
「残すなんてマナーがなってない」には、
「ラーメンの汁を残しても同じこと言いますか?」
ああ言えばこう言うで平行線。

私には、寿司屋で寿司を頼んでシャリだけ残して平気な人は、
頭がおかしいとしか思えません。
それこそ欲望のままに食い散らかしているわけですから、アホの上に下品でもあります。
子どもの頃、親にどんな躾をされてきたのかと呆れるばかり。
昔の人は、こういう人には「目が潰れるよ」と注意をしてきたものですが、
今は知らない人も多いみたいですね。

以前勤めていた会社の意識高い系の女性たちと食事に行ったとき、
皆でお店の一押しメニューの籠に天ぷら盛り合わせという花籠定食を頼んだのですが、
半分ぐらい食べて「カロリー高~い」と残す人が続出で、
私は、今の人たちってそれが普通なの?と驚いたものです。
ええ。全部もらいましたとも。捨てるなんてもったいなくて心が痛みますから。
3人前ぐらいは食べたかもしれません。
さすがに外した衣はいただきませんでしたが。
食べ過ぎた分は、他の食事で調整すればいいことです。

美しくありたいのなら、自分の胃袋の大きさを把握する事が大事ではないでしょうか。

コメント