とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

生贄をささげて利を得るという考え方

思うことあれこれ

日本の神様は血の穢れ、死の穢れを嫌うので、
大昔の本来の神道には生贄などなかっようです。

色々とドロドロしてきたのは、中国から呪法が入ってきてからのこと。
人を物のように扱う国からの外来の思想なんですね。

そう、
血生臭いこと、生臭いことは、みんな人間が作り出しているのです。

本当の自然の神は、サラッとしてるように感じます。

お日様の光。

渡る風。

流れる水。

大地。

煌めく星々。

山。

海。

何が誰に、ああしろこうしろとか言うでしょうか?

ということで、生贄を求める神を信仰する自称能力者には
くれぐれも気をつけてください。
アナタのすぐ近くに居るかもしれませんよ。

コメント