とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

家族と怪談

思うことあれこれ

私も家族も霊感はないので、これまで家庭内で怪異が起きたことはありません。
そしてこれからもまずないと思っていますが、もし身内に心霊現象が起きたとしても、
私は夜魔猫GINとしてそれを表に出すことはないでしょう。

変なものを見たぐらいの事なら構わないですし、
厄介ごとでも物によっては、全部きれいさっぱり終わったら、
後々に怪談話にする事もできる可能性は絶対にないとは言いませんが、
憑依されたり、身体や精神に異変があったり、事件事故といった深刻な話の場合、
自分のことならいくらでもさらけ出せても、
家族、特に子供に起きた事をオカルト・怪談好きの人達の見世物にはできません。

しかし、そう考えるのは怪談好きな人には少数派なのでしょうか。

不特定多数の見るSNS等で、
平気で我が子に起きている心霊現象を話題にしている人を見かけました。
そしてそれに群がる人たちも。

価値観の違いと言えばそれだけですが、ちょっとその子は可哀想だなと感じました。

霊やオカルト仲間の方を見るんじゃなくて、
なぜそんな事が起きているのかは、子供と正面から向き合わないと解消しない気がします。

コメント