とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

死んだ人に逢いたい思い

思うことあれこれ

親しい人を亡くして泣いている人にかける言葉は、
霊があるとかないとか、
あの世があるとかないとかっていう
私の見解はこの際どうでもよくて、
「いつかまた会えるよ」しかありませんよね?

「待っててくれるから、楽しい土産話沢山持っていこう?」
「ずっと見守っててくれるよ」
と。

三途の川を渡って行く極楽浄土が本当にあればいいなぁと、
こんな時、思います。

コメント