とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

豊かにシンプルに

思うことあれこれ

皆様、こんにちは。

私は最近、ようやく断捨離をはじめました。

物に囲まれていたっていいじゃない、使えるものは使わないと勿体無い。
いつか役に立つものばかりだから・・・・
なんて自分に言い訳しながらあれもこれもと溜め込んできたわけですが、
使えるものでも使わないものは結局使わないんですよね。
飼い殺しにしているぐらいなら、さっさと処分して、
その場所に新しい風を入れたほうが良い。
物がなくても何もない空間があるというのが、とても豊かなんじゃないかな。
そう思って、片付けを始めてみましたが、これがまたなかなか手強い。
思い出のある大切な品は最初から捨てる気はないのでそれは良いとして、
(↑これもおいおい「本当に必要?」と考えていくことになるのでしょうが)
いつか読みたいけれど今は読めない本が捨てられなくて、
やっぱり無駄に場所を占領し続けています。
これを解消するには・・・・片っ端から読むっきゃない?!
断捨離はまず、読書から。
いいのかな?これで?
本来の目的から外れてるような・・・・

コメント