とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

心霊スポットの呪いはまだ続いてる?

怖い話が好き!
Pexels / Pixabay
スマホを新しくしたので、前使っていたiPhoneを初期化する前に
メッセージで必要なものとかをチェックしていて怖いことに気づきました。
 
私の夫は滅多にメールとかメッセージとかしてこない人。
それがある日、誤送信をしてきたことがありました。
その時は、「あー、どっか触っちゃったんだろうなー」と
気にもしてなくて忘れてたのだけど、
今見つけて、どこかで見たことのあるような???と思い当たったのです。
 
 
夫が送信してきたのは、2月7日の深夜となっています。
こんな夜中にポケットにスマホ入れて動かないですよね?
たぶん夫は寝ていた時間。
そして私はといえば、稽古をしていました。
2月27日にあった真・IDOBATAホラー噺LIVEの。
語ったのは、心霊スポットの帰りに私のスマホが勝手に打っていた文字の話。
これはその時の文字ととても良く似ています。
 
もしかして、「この話をしたらただではおかないよ」という警告だったのかもしれません。
 
鈍感なので、まったく気付きませんでした。
今、知ったとこ。(;´Д`)
 
2月27日に十三に来てくださったお客様方、
もう一度、寒い風感じてください。(アフターサービス?)

コメント