とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

「怪談恐山」が届きました

怖い話が好き!
粟生慧さんから高田公太さんの「怪談恐山」を送っていただきました。
読みたかったんだ。嬉しい〜。
どうもありがとうございます。
明日まとまった時間作って没頭しよう。

コメント