とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

手を開く

思うことあれこれ
この世には無駄なものなど何もありませんが、自分にとっては不必要なものはあります。
数が多くても意味はなく、他人が高く評価しても関係ありません。
いつの間にか握りしめていたものをゆっくりと手放していこうと思います。
すっきりとさせて風を通そう。

コメント