とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

手のひら返しの底

思うことあれこれ
「君子危うきに近寄らず」
「君子は豹変す」
とは言いますけれど、手のひら返しをする人を私は信用しません。
立場があるので理解してくれという言葉も保身の言い訳にしか聞こえないからです。
いったいあなたはその人の何を今まで見てきたのですか?

それではまるで、肩書きと、いかに自分に都合よく利用できるかでしか
人の値打ちを判断できない人間なのだと、ご自分で言っているようなものではないですか。

コメント