とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

ピンチの時の助け

思うことあれこれ
私は困ったとき、ピンチの時、
毎回「もうだめだ」「絶望だ」と思うし大騒ぎしてしまうのですが、
いつも絶妙なタイミングでサッと誰かに助けられている気がします。
その時は気づいてなくても後で考えたら、
「あの人が来てくれなかったら大変なことになってた?」とわかったり。
いつもいつもそうでしたから、人生ってうまくできてるものだなと
割と当たり前のように受け取ってる所がありましたが、
「有難い」事が当たり前のわけないんですよね。
いくら感謝しても感謝しきれないほどの恩をたくさん頂いてきました。
そこだけは鈍感であってはいけないなと改めて思うのでした。

コメント