とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

お岩さんは祟る?

思うことあれこれ

そんなに「四谷怪談」「お岩さん」って怖れなければならないものなのでしょうか?
怖いことはもちろん怖い話ですが、お岩さんの祟りと言う意味で。

昨夜GODforest内で、夏に扱う怪談特集の話をしていて
「もしお岩さんの話をするのなら、その回はパスする」と言う方が数人いらっしゃいました。

私は昔、四谷怪談のドラマを見て泣いたことがあります。

それは怖くてではなくて、お岩さんが可哀想で。

残っている怪談は伝えていくために存在していると思っています。

なので近々、「南北の東海道四谷怪談」を朗読するつもりです。

お岩さんの呪いよりも、信じてくれている人を平然と裏切り陥れて殺しても
我が身大事の人の業こそが怖しいのではないでしょうか。

コメント