とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

何を伝えたいのか

思うことあれこれ
朗読でも怪談でもなのですが、
「それを通じて本当に伝えたい事は何か」を一貫して持っておく事は大切だと思います。
ただただ楽しければいいじゃないかってものではありません。
質とか成長とかは手段の方に含まれるもので最終的な目的とは違います。
その辺りが、次第に自分の中で明確になりつつある・・・ような?

コメント