とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

正しい朗読は目指さない

朗読あいうえお

私が朗読を始めた頃、盲人用の声の書籍化ボランティアをしたことのある友人から、

朗読には感情表現や作り声は不必要で、
淡々と読まないと「読書」の妨げになると意見をいただきました。

そう言われればそうですね。納得はできます。

それで私はそのボランティアは向いてない事を知りました。

子ども向けの読み聞かせにもそのように言われる人もいます。

だとしたら私は読み聞かせにも向いてないのでしょう。

しかしそれなら人間が目の前で読む必要があるのでしょうか?

そんな疑問がわきます。

お手本になるような上手な読み方のCDを与えておけば事足りるような。

私の怪談朗読、童話朗読の原点は、
自分が子どもの頃に親が読んでくれた絵本、
幼稚園で見た紙芝居、人形劇、
そして小学校の放課後に集まっては語り合っていた怖い話です。

話の中に引き込まれ、「それから?それから?」とワクワクする、
語り手と本(話)と聞き手の一体感。

もしかしたらそれは正しくはないのかも知れません。

大間違いで、文学の質を堕とす事なのかも。

でも、変えようとは思わないのです。

愉しみの為に読んでいる語っているのだから。

その愉しみを知り求める人が聞いてくれる限り、より愉しい事を仕掛けて行く。

正しい朗読は、それが得意な方にお任せすればいいのかなと。

コメント