とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

呼んでしまう?

怖い話が好き!

小説からの作り話でも

声で語ると呼んでしまうのはなぜなのでしょう?

似たようなモノが話の中のモノの形を借りるのでしょうか?

力を与えてしまう?

これも言霊のなせる業か。

コメント