とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

夜魔猫亭いきなり生成怪談会、ありがとうございました。

お知らせ

7月13日の19時より、大阪は浪花町の日本酒バー「つるばら」にて、

新年会に続いての第二弾となる夜魔猫亭企画、「いきなり生成怪談会」を開催しました。

怪談会といっても今回はイベントとしてカッチリ組んだものじゃなく、
ぶっちゃけ、怪談好きのオフ会で私がチョコチョコっと何かやるという感じ。
なので参加費無料。
その分、会場を提供して下さった「つるばら」さんに飲食で貢献してね、という物。

新年会の時は、 これまでのイベント的なイメージで舞台を想定して、
一段高くなっているカウンター席の方に演者側が座り、
お客さんに向けて語るという配置にしてみたのですが、
距離的にはそんなにないはずなのに、どうも遠くて分離しちゃったのが良くなかった、ということで、
今回は人数が増えてもギュムギュムに詰めて大テーブルに車座。
これはとても良かったと思います。

一つの怪談から、次の誰かの怪談、それをまたつまみにワイワイと会話が盛り上がる。
あれ、これって割と理想的なスタイルかも?

(写真提供:リアルさん)

鳴釜のんちゃんが持ってきてくれた心霊写真があったり、
私が心霊スポットから帰った後に何があったのか、何を見つけたのかを話す段には、
それに関わったオルさんが動画や写真に解説を加えたりしてくれて、
図らずも「ぶらり神社歩きシリーズ」のオル&GINコンビのコーナーになったりして、
流れのまにまにではありますが、割と盛りだくさんにはなったかも。
そんなこんなで、
「いつかは毎日がこんな感じのリアル夜魔猫亭をオープンできたらな~」とか
考えたりしながらお話してたら、あっという間に終電近く。
楽しい時間はすぐ過ぎますね。

今回、ご参加いただいた方、どうもありがとうございました。
またお会いしましょう。

コメント