とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

【投稿】階段で【不思議な話】

怖い話が好き!
私には霊感があり、以前は色々な物が普通に見えていました。
ある日のことです。
会社帰りに妻と待ち合わせて行きつけの飲み屋に行きました。
軽く飲んだところで、もう一件、同じビルの上の階にある
知り合いの店にも寄って行こうということになり、店を出て階段を上りました。
まだ夜も浅いうちで二人とも酔ってはおらず、
談笑しつつ上って二階のフロアに足を掛けようとした、丁度その瞬間、
いきなり私の目の前を黒い塊が遮ったかと思うと「ドン!」と激しくぶつかってきたのです。
はじかれた拍子にまっさかさまに階段から転げ落ちた私は、
その勢いで何度も階段の角で頭を打ちまくり、
次に意識を取り戻した時に見た物は、救急車の中で心配そうに覗き込む妻の顔でした。
妻が言うには、階段で何かふわっと風を感じたと思った瞬間、
私が仰向けに落ちて行ったそうです。
何かが飲みに行かせないように邪魔をしたんだろうか?などと話し合っていたんですが、
翌日の新聞を見て驚きました。
あの日、私が救急車で運ばれた少し後の時間に、
行こうとしていた店で殺傷事件があったとの記事が載っていたからです。
もし黒い塊がぶつかって来ず、私が階段から落ちてなかったら、
その店で事件に巻き込まれていたかも?
もしかしたら刺殺されていたのは私だったかも?
それを止めてくれた?
守ってくれた?
守護霊・・・様・・・?
それなら、止めるにしてももうチョット親切な止め方しろよー!
今も私の頭の後ろには、この時の6針の傷跡のすじハゲが残っています。

(へっけるさんからのご投稿より)

コメント