とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

【投稿】帰ってきた猫【不思議な話】

怖い話が好き!

俺の家では2年前から猫を飼っている。
だが、俺は猫が好きではない。
ゴロゴロとすり寄って来られてもウザいだけ。
はっきり言って、はよシナナイカなって思うほど。

2カ月ぐらい前の事、
その日は暑かったんで窓を開けていたら、猫が網戸越しに外をジッと見てたんだ。
この猫は外に出たがりなので、窓が開いていると出て行こうとするんだよ。
そのくせ散歩に連れて行ったら家に走ってくのだが。

飽きもせずにずっと外を眺めている猫に何かイラついた俺は、
「そんなに外が好きかよ!」と窓を開けたら、案の定猫はサッと外に飛び出して、
振り向きもせずに嬉しそうに駆けてってどっかに消えた。
「なんだよアイツ。ムカつく!」
俺はすぐ窓を閉めた。
あのクソ猫は前にも出て行ったけど、しばらくしたら当たり前のように戻ってきやがった。
でも今度はぜってーに入れてやんない。
マジ一生戻ってくんなよ!ってことで、窓閉めたまま放置。
まだ昼だしな。

んで、夜になって、さて寝るかって頃になって外で鳴き声がするんだよ。
「なんだよ、やっぱり戻って来んじゃん。うぜぇー」って、俺は入れてやらないまま就寝。
猫は窓の外でしばらくしつこく鳴いてたけど、そのうち諦めたみたいだった。
ただ、そうなってくると深夜2時頃から罪悪感で眠れなくなってきた。
「ああっ、マジうぜぇー!」
ってことで朝5時頃に寝床から飛び起きると下に降りて、窓から猫を探したよ。
でも見当たらなくて、しょうがないから外に出て家の周りも探したけどやっぱりいない。
「マジか・・・・」

でも、猫はその日の夜にヒョッコリ帰ってきて、安心した。
いつもと変わらず家族にすり寄って餌もらっちゃってさ。
やっぱりクソ猫だ。心配して損したじゃねえかよ。

ここまでなら何て事ないんだけど、後でオカンが言うんだよ。
猫は、俺が寝床に付いた頃には普通に家の中に居たよって。
でも、俺は閉め出したまま中には入れてない。
猫が見当たらなくなったのは、俺が罪悪感に駆られて探し出した頃からだって。

どういうこと?
もしかして、俺、猫に試されてたのか?
んで、こいつはクソ猫じゃなくて、バケ猫? まさかな・・・

(リスナーさんからのご投稿より)

コメント