とある街のどこかの路地裏にひっそりと佇む一軒の店、夜魔猫亭。
いつ開くのか、何の店なのかも謎。
それでも気まぐれに明かりが灯る時、どこからともなくお客がやってくる。
ここは誰もが本当の自分の姿でいられる場所。

いらっしゃいませ。どうぞごゆるりと。
 

放送はYouTube LIVEにて

龍が見ていた

怖い話が好き!

先日の大阪でのIDOBATAホラー噺ライブでもお話しした、
現在進行形の実体験怪談「魔の鏡と鬼の面」 に出て来た御神鏡の
もう一つの話。

これは神棚がなかった時に、適当なベニヤ板を壁に打ち付けた棚に載せていた
ホームセンターで900円ぐらいで買ってきた物でした。

ご覧の通り、適当な置き方をしていました。
2014.6.24撮影

最初、霊能者さんに見てもらった時は、神様も悪いものも、
「何にもいない」と言われていたはずなのですが・・・

この前、写真フォルダを見返していて、奇妙な事に気が付いたのです。
まだ鬼が来る前だった御神鏡に、反射ではない何かが映り込んでいるような?

2014.7.22撮影

気になったので、GODforest放送後の打ち合わせ中に祈祷師のテルくんに見せた所、
「これは、龍の目じゃないか」とのこと。

龍?!こ、こ、こ、こんな???

「鏡は、それ自体が異界と繋がる物なので、
向こうからこちらを見ていたのがたまたま写真に撮れたんでしょう」

とサラリ。

そんな、ごく普通のことのように言うけれど、
これって凄い超常現象じゃないの?!

霊能者の人たちにとって、こういう事は日常的なのか、
感覚がちょっと常人とかけ離れてるんですよね。

それにしても、
どこのどんな龍さんが私の部屋を覗いてたのか知らないけど、
プライバシーの侵害はやめて欲しいなぁ!(≧ヘ≦) プンプン

コメント